手根管症候群

手根管症候群

正中神経麻痺のために手関節より先の橈側、特に母指から環指橈側にかけて知覚障害がでます。

 

 

また、特徴的な夜間・早朝の手関節痛、シビレがあり、痺れのために夜間、朝方よく眠れない、などの訴えがあり、手をもんだり、手を強く振ったりすることもあります。

 

進行すると母指の筋肉の萎縮があり母指の運動が制限されます。


神様が作り間違えた?

神経と腱は別々の場所にあればよかったのですが、同じトンネル内を通っています。

 

毛根管は、骨に囲まれた、小さくて狭いトンネルです。

 

トンネル内に太い屈筋腱9本と、正中神経が入っています。

 

腱が厚みを増して腫れてくるとトンネルの中で正中神経が圧迫を受けて麻痺が出ます。


手術適応

正中神経領域のシビレがあり日常生活が困っており、検査で神経麻痺が確認されること。

 

 

電気検査して(外来で数分でできる検査です)

3ms※なら正常!4ms以上は麻痺!5,6,7msと数が増えるほど重症!

 

ただし、4msの人はまだ軽症なので薬を使い経過観察
1,2ヶ月して朝いちばんに検査

※1ms:1ミリ秒=1/1000秒

 

 

毛根管症候群1,000例手術したときの当院のデータです。

40代半ばから急に手術患者さんが増えます。(最高齢は94歳です。)

手術時間は麻酔から消毒など、すべて含んで約30分です。

実際の手術時間は関節鏡視下に行って約10分です。

現在は年間130例ほどの手術を行っています。

手術後、食事に出かけたり、買物をされて帰られる患者さんもおられます。基本的に入院は不要です。

諸般の事情で術後入院が必要な方は、入院先をご紹介しますので、お知らせください。