肘部管症候群

肘部管症候群

尺骨神経麻痺のために手関節以遠の尺側、特に小指から環指尺側にかけて知覚障害がでます。

 

稀には、肘痛を訴える患者さんもおられます。特に若年層では痺れよりも肘受診する方も見られます。

 

筋萎縮が目立ち、骨間筋の萎縮があり、指の横方向への運動が制限されます。


指の横方向への運動が制限される

右手小指の外転運動が制限、広がっていない。

指もきちんと閉じない。


原因は、肘関節内側で尺骨神経が圧迫を受けるためです。

尺骨神経が圧迫を受けやすい部位

特に肘関節が変形して、肘関節の屈曲伸展が上手くできない人、小児期に骨折して外反肘となっている人、屈曲伸展を頻繁に行う人などで尺骨神経が圧迫を受けやすい。

肘の内側に約8cmの皮切を置いて、尺骨神経を確認し、圧迫を取り除いて元の場所から前方に移動させ、神経に対する圧迫を取り除きます。

また、皮膚の下の脂肪組織を使って神経をくるんで周囲からの刺激を減らします。

外来手術で約20分から30分の手術です。基本的に入院は必要ではありませんが、諸般の事情で入院をご希望の方はお知らせください。